トップページ インターネットの安全性確認 事前の準備 ウィルス 無料ウィルス対策ソフトの使い方 スパイウェア スパムメール Ad-awareのダウンロードと使い方 Sptbotのダウンロードと使い方 SpywareBlasterの効果確認 SpywareBlasterのダウンロードと使い方 スパイウェアが悪さしていないか心配 ブラクラ 無断接続 ワンクリック詐欺 不正請求 目当てのものにたどり着けない 個人情報抜き取り 家族に知られたくない
実践編
危険度の確認-1 危険度の確認-2 危険度の確認-3 スパイウェア検出数 アダルトサイトで得られる画像数 設定とダウンロード画像数の関係 効率的に画像を得る方法 効率的に画像を得る方法その2 動画のダウンロード .avi .mpgの動画が再生できない RapidShareからのダウンロード方法 filesend.netからのダウンロード方法 暴露ウイルス対策 暴露ウイルスに感染させない-その1 暴露ウイルスに感染させない-その2 ウィルス対策 拡張子の偽装を見破る

インターネットの安全な歩き方TOP>無料で使えるウィルス対策ソフトの利用方法
Tweet


インターネットに潜むトラブル・・・主にソフトで対応できるもの

無料で使えるウィルス対策ソフトの利用方法    

いくつか条件をつけて、ウィルス対策ソフトを選んで行きます。 この条件でウィルスソフトを選んでみます。
『avast! 4 Home Edition』は使いやすさ・機能で定評があるソフトですがこの条件を全て満たしています。 そんなわけで、ここでは『avast! 4 Home Edition』を選び、使い方を以下の流れで説明していきます。
  1. 事前の準備
  2. インターネットからプラグラムのダウンロード
  3. ダウンロードしたプログラムのインストール
  4. 『avast! 4 Home Edition』の設定
  5. 使い方

事前の準備    

現在パソコンにインストールされているウィルス対策ソフトをアンインストールします。
ウィルス対策ソフトは複数入っているとお互いに干渉し不具合が発生しますので、体験版であろうと、期限が切れていようと、使っていなくても、古いものであっても、ウィルス対策ソフトは アンインストールして置いてください。

avast! 4 Home Edition のダウンロードと使い方    

avast! 4 Home Edition のダウンロード
  1. まず、ダウンロードしたファイルを保存するフォルダーをディスクトップに作っておきます。
    名前は何でもかまいませんが、ここでは『ダウンロードファイル』という名前にしています。
  2. avast! 4 Home Edition は下記のリンクをクリックしダウンロードしてください。
    http://www.avast.com/jpn/download-avast-home.html
  3. このリンクをクリックして表示される画面の下のほうに、次のような表示が出ます。
    赤丸部の日本語バージョンを選んでクリックしてください。


  4. 保存するか実行するか聞いてきますので、保存をクリックします。


  5. 下のような画面が開きますので、左側赤丸部『デスクトップ』をクリック、
    右側に表示されるリストの中から、 先ほど作った『ダウンロードファイル』をダブルクリックします。


  6. 『ダウンロードファイル』のフォルダーが開きますので、保存をクリックするとダウンロードが始まります。


  7. 暫く経つとダウンロードが完了します。
    『ダウンロードファイル』を開くと『setupjpn.exe』というファイルができています。
    『setupjpn.exe』ができていれば、ダウンロードは完了です。
    できていないときは何かミスがあったわけですから、もう一度気をつけて、今の作業を繰り返します。
    次にこれをインストールしていきます。
avast! 4 Home Edition のインストール
  1. 『setupjpn.exe』をダブルクリックすると、ウィザードが起動しインストールが始まります。
    すべて日本語で表示されますから、特に迷うところはないと思います。
    文字化けする時はブラウザーの『表示(V)』→『エンコード(D)』→『Unicode(UTF-8)』とクリックしてください。
    インストールを実行するかどうか聞いてきますから、『実行』をクリックします。


  2. 基本的には『次へ』をクリックしていくだけです。







  3. 次の画面で『はい』をクリックするとインストールが完了し、再起動した後で自動的にウィルスチェックが始まります。
    ハードディスクの容量しだいでなんともいえませんが、チェック完了までには一時間以上、多分数時間かかります。
    普通は『はい』を選びます。夜遅くなり時間がないときは『いいえ』でもかまいません。
    『いいえ』を選ぶつもりが間違って『はい』を選んでしまい、再起動後にウィルスチェックが始まってしまったときは、キーボードの『Esc』キーを 押せば、終了させることができます。
    保存データーの容量次第でしょうが、私の場合は1時間たっても完了しなかったので、Escキーで 終了させました。


  4. セットアップ終了の画面になります。
    『再起動』のところにチェックが入っている事を確認した上で『終了』をクリックしてください。


  5. これでインストールは完了です。『はい』を選んでいれば、パソコンが再起動しウィルスチェックが始まります。
avast! 4 Home Edition の設定
  1. この後『avast! 4 Home Edition』の設定を行います。
    設定といってもユーザ登録を行うだけです。
    『avast! 4 Home Edition』で注意が必要なのは、フリーソフトですがユーザー登録が必要なことです。
    登録しなくても60日は使えますが、それ以上使うには登録が必要です。
    どうせなら忘れないうちに登録作業も一緒にやっておきます。
  2. ウィルスチェックが完了すると下のような画面が出てきますので、『avast! Home登録ページ』と書かれたリンクをクリックしてください。


  3. こんな画面が開きますので赤丸部を記入し『登録』をクリックしてください。
    後から登録する際に、どこから入ればいいか解らなくなったった時とか、下の画面が開かないときは、このリンクをクリックしてください。
    登録ページ


  4. 全てが問題なく記入されていればこんな画面になります。何かミスがあればもう一度前の画面が表示されます。


  5. 20〜30分くらいで先ほど登録したメールアドレス宛にライセンスキーが送られてきます。
    このライセンスキーを登録画面に入力すれば全て完了です。
    メールが送られてきたのを確認したら次のようにして入力します。
  6. ライセンスキーの番号を登録するには、タスクトレー (『スタート』ボタンの表示されるスペースの右の部分) のavast! 4のアイコンを右クリックします。
  7. 下の図のようにメニューが表示されますから、赤丸部の『avast!について』を選びます。


  8. こんな画面が出てきますから、下にある『ライセンスキー』ボタンをクリックします。


  9. 下のような画面が開きます。メールで届いたライセンスキーをコピーし、赤丸部に貼り付けてください。
  10. これで全て完了です。ライセンスキーの有効期限は1年です。一年経ったらもう一度新たにライセンスキーを発行してもらい、登録する必要があります。
avast! 4 Home Edition の使い方
  1. 使い方といっても特に何もありません。データーベースの更新以外はただ放っておくだけです。
  2. 設定も標準のままで何も変えません。
  3. データーベースの更新作業は、パソコン起動時に時々更新をするか聞いてきますので、そのときクリックしてやるだけです。 すぐに更新は完了します。
    小さな更新は毎日自動的に行われ次のようなメッセージが出ます。
    放っておけば自然に消えます。
  4. これだけやっていれば、後は勝手に最新のデーターベースで、ウィルスを見つけ感染する前に検出、削除してくれますから なにもする必要はありません。
  5. avast! 4 Home Editionにはこのソフトにしかない便利な機能もありますが、わざわざ使いこなすほどのものでもありません。
    詳細を知りたければ、『avast vrdb』で検索すれば、解説したサイトがたくさん見つかります。
  6. 『avast! 4 Home Edition』の役割はこれだけと割り切って使うと、何の手間もかからない、すばらしいソフトとなります。
  7. 初回の起動時に、使い方のガイドが表示されます。
    次回からも繰り返し起動時に表示されますので、 邪魔なときは赤丸部にチェックを入れてから閉じれば表示されなくなります。
  8. もしウィルスが見つかったときは、あせらずに表示内容をよく見て、
    ウィルスの種類が表示されているはずですから、名称をメモして削除を選びます。

補足 BitDefender Free Edition 10について    

BitDefenderの最新版はBitDefender Free Edition 10までバージョンが進んでいます。
Free Edition10では一部に常駐保護機能が組み込まれるようになりましたので、 他のアンチウイルスソフトウェアと組み合わせて使えるというメリットは失われています。

BitDefender 8 Free Editionはライセンスが切れると更新しなければなりません。
その際BitDefender Free Edition 10にするしかなくなってしまうのですが、そのままインストールすると avast! 4 と競合し不具合を起こす可能性があります。
どちらか一つに絞ってください。
私のお勧めは、常駐保護機能のしっかりした avast! 4 Home Editionです。
BitDefender 8 Free Editionはライセンス期限が切れたらアンインストールしてしまいましょう。


トップページ インターネットの安全性確認 事前の準備 ウィルス 無料ウィルス対策ソフトの使い方 スパイウェア スパムメール Ad-awareのダウンロードと使い方 Sptbotのダウンロードと使い方 SpywareBlasterの効果確認 SpywareBlasterのダウンロードと使い方 スパイウェアが悪さしていないか心配 ブラクラ 無断接続 ワンクリック詐欺 不正請求 目当てのものにたどり着けない 個人情報抜き取り 家族に知られたくない
実践編
危険度の確認-1 危険度の確認-2 危険度の確認-3 スパイウェア検出数 アダルトサイトで得られる画像数 設定とダウンロード画像数の関係 効率的に画像を得る方法 効率的に画像を得る方法その2 動画のダウンロード .avi .mpgの動画が再生できない RapidShareからのダウンロード方法 filesend.netからのダウンロード方法 暴露ウイルス対策 暴露ウイルスに感染させない-その1 暴露ウイルスに感染させない-その2 ウィルス対策 拡張子の偽装を見破る