トップページ インターネットの安全性確認 事前の準備 ウィルス 無料ウィルス対策ソフトの使い方 スパイウェア スパムメール Ad-awareのダウンロードと使い方 Sptbotのダウンロードと使い方 SpywareBlasterの効果確認 SpywareBlasterのダウンロードと使い方 スパイウェアが悪さしていないか心配 ブラクラ 無断接続 ワンクリック詐欺 不正請求 目当てのものにたどり着けない 個人情報抜き取り 家族に知られたくない
実践編
危険度の確認-1 危険度の確認-2 危険度の確認-3 スパイウェア検出数 アダルトサイトで得られる画像数 設定とダウンロード画像数の関係 効率的に画像を得る方法 効率的に画像を得る方法その2 動画のダウンロード .avi .mpgの動画が再生できない RapidShareからのダウンロード方法 filesend.netからのダウンロード方法 暴露ウイルス対策 暴露ウイルスに感染させない-その1 暴露ウイルスに感染させない-その2 ウィルス対策 拡張子の偽装を見破る

インターネットの安全な歩き方TOP>危険度の確認-3・・・セキュリティと使い勝手を両立した設定


トピックス・・・メールで寄せられた質問を実際に確かめていく実践編
メールで寄せられた質問を中心に、すべて実サイトで確認していく実践シリーズです。
    危険度の確認-3・・・セキュリティと使い勝手を両立した設定

前回と同じサイトをセキュリティと使い勝手を両立した設定で歩き、効果を確認してみます。 (2005年7月23日から2005年8月6日の間で確認)

インターネット閲覧時の条件
  • IEの設定を次のようにします。
    • インターネットオプションのセキュリティレベルは『高』のままです。
    • インターネットオプションのプライバシーは標準設定である『中』に戻します。
    • いつもスパイウェアをもぐりこませるサイトのクッキーだけを個別にブロックします。
  • Spybotの感染予防効果を有効にします。
このような状態で先ほどと同じサイトを閲覧してみました。
ただしアダルトサイトは、同じリンクをクリックしても異なったリンク先にとばされることが多いため、 前回同様まったく同じサイトを閲覧したとはいえません。
設定を変えて歩いた結果
すべてをガードした、前回の設定変更とまったく同じ効果が得られました。
スパイウェアは大幅に減少し、ポップアップ広告、ブラクラ、ダウンロード警告はゼロになりました。
ウィルスもこの設定だとクリックしたリンクだけしか開きませんので、かなり減少します。
クッキーは標準設定から特定のサイトを除外しただけですから、閲覧には何の支障もありません。 ActiveXとJavascriptはすべて無効になっていますが、閲覧できなくなるサイトはありませんでした。 ホームページの一部機能は使えなくなりましたが、支障なしです。
ブラウザーにSleipnirを使っている場合でも、SleipnirはエンジンにIEを使っていますから、設定方法はまったく同じです。
具体的な設定方法
インターネットオプションのセキュリティレベルを『高』にする
  • IEまたはSleipnirから『ツール』⇒『インターネットオプション』と選んでいきます。
  • 『インターネットのプロパティ』が開いたら『セキュリティ』タブをクリックします。
  • 右下の『既定のレベル』というボタンをクリックします。

  • 左下にセキュリティレベルを変更するスライドレバーが出てきますので このレバーを一番上の『高』の位置にします。
  • 最初からレバーが表示されていれば、その位置を一番上の『高』にします。


インターネットオプションのプライバシーを標準設定にする
  • IEまたはSleipnirから『ツール』⇒『インターネットオプション』と選んでいきます。
  • 『インターネットのプロパティ』が開いたら『プライバシー』タブをクリックします。
  • 左下にプライバシー設定を選択するスライドレバーが見え、『中』となっているはずです。
    『中』になっていればそのままでOKですから、次の『特定のクッキーをブロックする設定』に 進みます。
  • レバーが表示されていないときは『既定』というボタンをクリックしてください。
    『中』の設定になったレバーが現れます。 この項はこれで完了です。次の『特定のクッキーをブロックする設定』に進みます。

いつもスパイウェアを送り込む特定のクッキーをブロックする
クッキーを利用したスパイウェアを送り込んでくるサイトはだいたい決まっています。 そのサイトのクッキーだけを受け付けないような設定にします
  • 『プライバシータブ』で『プライバシー設定』が『中』になっている状態で、 下方にある『編集ボタン』をクリックします。
  • 新しいメッセージボックスが開きますから、『Webサイトのアドレス』欄にブロックしたいサイトURLを記入し、右隣の『ブロックボタン』 をクリックします。
  • ブロックしたいURLをすべて記入したら、『OKボタン』をクリックしメッセージボックスを閉じていきます。

今回ブロックしたサイト
http://www.valueclick.ne.jp/
http://www.valueclick.com/
http://www.doubleclick.com/
http://www.b-click.net/
http://www.doubleclick.net
http://www.valuecommerce.com
http://www.custom-click.com
http://www.overture.com
http://www.2o7.net
http://www.tripod.com
http://www.linksynergy.com
http://www.imrworldwide.com
http://www.sextracker.com
http://www.counter1.sextracker.com
http://www.counter2.sextracker.com
http://www.counter3.sextracker.com
http://www.counter4.sextracker.com
http://www.counter5.sextracker.com
http://www.counter6.sextracker.com
http://www.counter7.sextracker.com
http://www.counter8.sextracker.com
http://www.counter9.sextracker.com
http://www.counter10.sextracker.com
http://www.xxxcounter.com
http://www.sexlist.com
http://www.spylog.com
http://www.porntrack.com
http://www.list.ru

Adaware等で感染を確認し、スパイウェアが検出されたら、URLをその都度追加していけば、ブロックの精度は どんどんあがっていきます。
トップページ インターネットの安全性確認 事前の準備 ウィルス 無料ウィルス対策ソフトの使い方 スパイウェア スパムメール Ad-awareのダウンロードと使い方 Sptbotのダウンロードと使い方 SpywareBlasterの効果確認 SpywareBlasterのダウンロードと使い方 スパイウェアが悪さしていないか心配 ブラクラ 無断接続 ワンクリック詐欺 不正請求 目当てのものにたどり着けない 個人情報抜き取り 家族に知られたくない
実践編
危険度の確認-1 危険度の確認-2 危険度の確認-3 スパイウェア検出数 アダルトサイトで得られる画像数 設定とダウンロード画像数の関係 効率的に画像を得る方法 効率的に画像を得る方法その2 動画のダウンロード .avi .mpgの動画が再生できない RapidShareからのダウンロード方法 filesend.netからのダウンロード方法 暴露ウイルス対策 暴露ウイルスに感染させない-その1 暴露ウイルスに感染させない-その2 ウィルス対策 拡張子の偽装を見破る